Git ブランチの表示とリモートブランチの消去方法

Git ブランチの表示とリモートブランチの消去方法


gitのブランチは作業してるとどんどん増えます。
不要になったブランチは作業が終わったら消去しなきゃ・・・と思いながら、そのままにしていたのですが
今日は消去方法を覚えます。

プロから教わるプログラミング講座が3,000円から【ストリートアカデミー】

gitのブランチを表示する方法

$ git branch -a

ですね。

-aをつけることで、ローカルとリモートの両方のブランチを表示してくれます。

$ git branch -a
  testbranch
* master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/testbranch
  remotes/origin/master

こういう状態の場合、ローカルとリモートの両方にtestbranchがあります。

ローカルブランチを消去する

早速、ローカルブランチを消してみましょう。
消去するときは「git branch -d ブランチ名」という風にします。

$ git branch -d testbranch
Deleted branch testbranch (was a831b1e).</pre>

<pre>$ git branch -a
* master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/testbranch
  remotes/origin/master

消えました!

リモートのブランチを消去する

これがちょっと曲者なのですが、「branch」ではなく「push」を使うのです。
そしてリモートブランチを指定するときに、「:」を使います。

「git push origin :ブランチ名」

ですね。

$ git push origin :testbranch
gitTo https://hoge.jp/hoge.git
 - [deleted]         testbranch

これでスッキリ!


shoko administrator

フリーランスのWeb制作者。WordPressのサイト構築、およびWebデザインとディレクション。専門学校HAL東京にてWEB学科の講師をしています。WordPressコミュニティに出没。趣味は合気道。

Leave a Reply