Git ブランチの表示とリモートブランチの消去方法

2014年08月23日

gitのブランチは作業してるとどんどん増えます。
不要になったブランチは作業が終わったら消去しなきゃ・・・と思いながら、そのままにしていたのですが
今日は消去方法を覚えます。

プロから教わるプログラミング講座が3,000円から【ストリートアカデミー】

gitのブランチを表示する方法

$ git branch -a

ですね。

-aをつけることで、ローカルとリモートの両方のブランチを表示してくれます。

$ git branch -a
  testbranch
* master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/testbranch
  remotes/origin/master

こういう状態の場合、ローカルとリモートの両方にtestbranchがあります。

ローカルブランチを消去する

早速、ローカルブランチを消してみましょう。
消去するときは「git branch -d ブランチ名」という風にします。

$ git branch -d testbranch
Deleted branch testbranch (was a831b1e).</pre>

<pre>$ git branch -a
* master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/testbranch
  remotes/origin/master

消えました!

リモートのブランチを消去する

これがちょっと曲者なのですが、「branch」ではなく「push」を使うのです。
そしてリモートブランチを指定するときに、「:」を使います。

「git push origin :ブランチ名」

ですね。

$ git push origin :testbranch
gitTo https://hoge.jp/hoge.git
 - [deleted]         testbranch

これでスッキリ!


共著書および執筆協力している本

効果的なアプリ/Web開発のための コラボレーションツール活用入門
単行本:¥3,229
[ 2016年10月発売 ]
 
HTML5+CSS3でつくる! レスポンシブWebデザイン
単行本:¥2,786
[ 2016年3月発売 ]
 
ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門 サイト制作から納品までのはじめの一歩
単行本:¥2,592
Kindle版:¥2,400
[ 2016年2月発売 ]
 

コメントを書く







コメント内容