WordBench東京で触発されて自分でWordPressプラグインを作ってみることにしました。

2013年12月05日

WordBench東京「クリスマスまでにプラグインを作ろう」

wbtokyo01

12/2(月)、WordBench東京で行なわれたのは
「クリスマスまでにプラグインを作ろう」
という内容でした。

そもそもプラグインとは、どのようにして作るものなのか、アシアルの岡本雄樹さん(ジャスティス隊長)のセッション「ノンプログラマーのための WordPress プラグイン開発超入門」がありまして、それからプラグイン制作者3人(堀家さん、鳥山さん、ジャスティス隊長)による座談会、その後のLTでは、スピーカーがそれぞれのプラグインについての想いを5分で語る、というもの。

中でも面白かったメガネこと大串さんのLTは、「アドミンバーをレインボーにするプラグイン」だの「コメント欄をレインボーにするプラグイン」だの、何の役に立つんだかわからないけれども、面白いから作ってみた、というジョークプラグインについての紹介でした。
WordPress.orgのプラグインディレクトリには、「joke」というタグがあるということも、初めて知りました。

wbtokyo02

プラグインを作るなんて、PHPのテンプレートタグをようやく少しずつ覚えてきた程度の私には、到底無理だと思っていましたが、そんなに複雑なコードを書かなくても、とりあえず動くものは作れるらしい、ということはわかりました。PHPのコードは6行だけなのに、何万ダウンロードもされているプラグインもある!ということも知りました。

そんな帰り道、「私も誰かに笑ってもらえるようなアホなジョークプラグインを作ってみたいなー」とぼんやり考えながら帰りました。

WordPressプラグインを自分で作ってみたい!!

目指すのは、使って便利なプラグインじゃなくて面白くて笑えるプラグイン。アクティベートするだけで使えて、ちょっと楽しい気分になるような。

最初は、わぷーをブラウザ上で踊らせたりしてみるか、と思いついた次第。
だけども、一から書くのはたぶん無理だし。
それなら、Javascriptを呼び出して動作させるだけのプラグインならたぶんできるかも、と思いつきました。

12月だし、ありがちだけど雪でも降らせるか・・・?

雪を降らせるスクリプトは、探せばネット上にたくさん転がっていそうです。

ちなみに、雪を降らせるWordPressプラグインは、すでにwordpress.orgのpluginディレクトリにたくさん公開されていました。

でもいいのです。
今までfunctions.phpに直に書いていた処理を

「初めてプラグインの形で完成させる」

ことが目標なんです。

雪の画像をわぷーに差し替えれば、わぷーが降って来るプラグインができるかも!!
なんだかワクワクしてきました(^^)/

つづく。

自分でプラグイン開発をしたい方におすすめの本


共著書および執筆協力している本

HTML5+CSS3でつくる! レスポンシブWebデザイン
単行本:¥2,786
[ 2016年3月発売 ]
 
ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門 サイト制作から納品までのはじめの一歩
単行本:¥2,592
Kindle版:¥2,400
[ 2016年2月発売 ]
 

コメント1件

コメントを書く







コメント内容